• Diary

〔はたけのこと〕空飛ぶ、とうがん

2020年7月25日

photo

国分寺・中村克之さんの畑より。

とうがんは、冬まで長持ちするため重宝されたことから「冬瓜」と書きますが、収穫は夏。もうすぐ収穫を迎えるかな?

カボチャやとうがんは、生育中に土と接触した部分が発色しなくて見た目が少し落ちるので、きれいに作るためにぶら下がるように仕立てる農家さんもいらっしゃいます。ということで、空飛ぶ「とうがん」!

 

PageTop