• Diary

〔のうかさんのこと〕ミニトマトのソバージュ栽培

2020年7月17日

photo

今週、日野市・遠藤喜夫さんの圃場見学に伺いました!
遠藤さんは今年、ミニトマトのソバージュ栽培に挑戦中。
「ソバージュ栽培」という言葉、耳にしたことはありますか?
別名「粗放栽培」というこの栽培方法は、端的に言うと、極力手を入れず「ほったらかし」て育てる方法のことをいいます。
ちなみに粗放栽培の対義語は、「集約栽培」。資材や手間などのコストをかけて管理して行う栽培方法で、今ではこちらの方が主流と言えるでしょうか。
私たちのお付き合いしている農家さんは、毎年トマトをやられている方が多くいますが、ほとんどはこの集約栽培にあたります。

今年、実は「農いく!」でこのソバージュ栽培のミニトマトの収穫体験を企画する予定です!
私自身初めて実際に目にしましたが、アーチ状のトンネルに葉がワサワサと生い茂っていて、なかなかおもしろい感じ!
まだトンネルの下半分程度まででしたが、農いく!を開催する予定の頃にはこれがきっとてっぺんまでワサワサワサワサ…。
トンネルの外からも中からもミニトマトを探して探検、なんて絵が浮かんでいます☆

東京の農業、と一口に言っても、当たり前ですが、農家さんごとに栽培方法や品目は十人十色。
圃場見学をしながらいろいろなお話を聞くのがとても楽しいです^^

PageTop